発達障害児童の⽀援施設が圧倒的に不⾜しています…

発達障害児童の数が増える⼀⽅で、そうした児童を⽀援する施設や機関の充実が追いついておらず、慢性的な供給不⾜が続いています。

発達障害児童は
年々増加

通常学級に在籍している⼩中学⽣の6.5%(20⼈に1⼈)は、発達障害の可能性があります。※

発達障害児童の
⽀援施設が少ない

当社でも250⼈の枠に対して400⼈以上の希望がきており、約150⼈がキャンセル待ちに。

施設スタッフの
⼈材不⾜

特別⽀援学級担当の教員ですら、特別⽀援学校免許の保有率は全体の約30%なのです。

フォレストグループが
利⽤者様から選ばれる
理由とは?

そんな発達障害児童⽀援の世界で、わたしたちフォレストグループはリーディングカンパニーを⽬指して、他の事業所とは異なる様々なアプローチをしています。こうしたノウハウをFC加盟店にも提供していきます。

⽇本の発達⽀援教育はアメリカより30年遅れていると⾔われています。当社では、アメリカ・カリフォルニア⼤学で開発された、最先端の⾃閉症超早期療育法「ESDM」を取り⼊れています。

⼦どもに合わせて教材を製作

⼦どもたちには市販の教材ではなく、専⾨知識を持ったスタッフが⾃ら製作した教材を使⽤します。また⾔語聴覚⼠などが在籍しているので、発語が遅いお子さんにも丁寧に対応でき、⼦どもの個性を培いながら教育することができます。

⼦どもの将来を⾒据えたサポート

「将来どうやってご飯⾷べていくの?」「1⼈で⽣きていけるの?」。親(保護者)⽬線を⼤切に、児童が将来⼀⼈でも⽣きていけるようにサポートするのが当社の使命です。「⾃⽴」を⽬標に、将来を⾒据えた教育をサポートします。

児童発達⽀援事業を多⾯的に展開

児童発達⽀援事業「フォレストキッズ」、放課後等デイサービス「フォレスト放課後デイ」、個性ある⼦のための学習塾「フォレスト個別指導塾」、個性ある⼦のための幼児教室「フォレスト幼児教室」など、さまざまな児童発達施設の事業を展開しています。

栄養学的アプローチの提案

療育支援の一環として、保護者に食育をトータルで指導しています。栄養欠落や、腸内炎症を増進させてしまう食品の摂取を控え、普段の食生活の見直しなど栄養学的アプローチを行うことで、改善につながる場合があります。

なぜフォレストグループは事業を拡⼤できているのか?

市場が拡⼤しているにもかかわらず、ほとんどの事業所は拠点数を増やすことができずにいます。
⼀⽅フォレストグループは、この5年間で急速な事業拡⼤に成功しました。その違いをお伝えします。

4年で事業規模9.4倍の成⻑⼒

「壁(障害、福祉、既存の概念)をぶち壊す!」をキャッチコピーに、発達障害児童に特化した施設の経営や集客など、独⾃の運営・経営システムを構築しています。この4年で直営店数は2.3倍、グループ売上⾼は9.4倍に成⻑しました。急拡⼤の原動⼒は、何よりも⼈材育成ノウハウにあります。

新卒を即戦⼒にできる育成ノウハウ

当社は毎年新卒を採⽤しており、グループの平均年齢は28.4歳と若く、群⾺県にある5つの全事業所で新卒採⽤したスタッフが成⻑してリーダーを担っています。若い世代が組織の中核を担うことで、組織に柔軟性がそなわり、また新しい知識やプログラムの吸収⼒にも⻑けています。秘訣は、新卒を即戦⼒にできる社内の⼈材育成プログラムです。

ペアレントトレーニング*の知⾒

児童発達⽀援は保護者との連携プレーであるべきですが、ほとんどの事業所は保護者に対する適切なアプローチのノウハウを持っていません。フォレストグループでは保護者が発達⽀援の役割を積極的に引き受けられるよう、児童と保護者を⽀援するためのペアレントトレーニングを実施します。

*ペアレントトレーニングとは:1960年代にアメリカで開発された、知的障害や⾃閉症などの児童をもつ家族を対象にしたプログラムのこと

体系的なスタッフ育成プログラム

スタッフ育成は、初級・中級・上級にわけて、スモールステップのシステムを採⽤しながら行います。また、リーダー育成研修や、経営研修、実務研修など、継続的にスタッフがレベルアップするためのプログラムも⽤意しています。OJT任せの育成ではなく、体系的な育成環境が出来上がっています

経営・財務・労務のプロ集団と連携

「福⽥公認会計事務所」、「税理⼠法⼈つらなり」、「社会保険労務⼠事務所サポート」などと連携。発達⽀援の専⾨性だけでなく、会計・財務・労務など経営戦略にも重点を置いています

新卒スタッフをコンスタントに採⽤する仕組み

フォレストグループは発達障害支援に関しての専門性が高く、発達障害に関して情報発信力もあるので、教育学部や社会学部卒を毎年4〜5人ほど採用をしています。また、就職先として検討した際に、賃金体系がしっかりとしているのも選ばれている理由です。新卒採用の仕組みづくりのノウハウをお伝えします。

直近6年の新卒・
第⼆新卒の採⽤実績

<<< 横方向にスワイプしてご覧ください >>>

FC加盟店への⼿厚い
サポートをお約束します

物件探しから⼈材育成まで、成功に必要な全てをサポート

初期費⽤(加盟⾦・開発費・研修費)に含まれるサポート内容は、単なるブランド貸しや教材・マニュアルの提供ではありません。物件探しから内装、各種申請や⼈材採⽤までサポートします。また特徴的なのは、合計50時間の研修で、未経験者を即戦⼒化する⼈材育成サポートです。

ブランディング・
経営⽀援

  • 商号、商標、サービス、ロゴ等の使⽤承諾
  • 発達⽀援システム、運営ノウハウの提供
  • 経営ノウハウの提供
  • 教材、教具の使⽤⽅法の提供
  • 各種データの提供
  • 営業ノウハウの提供
  • 広告、宣伝物の企画、提供
  • 開所前のセミナー実施(1回)
  • 各種マニュアルの提供

物件調査・取得・
⼈材採⽤⽀援

  • 物件の選択の助⾔
    (希望があれば1事業所当たり2回まで内覧同⾏いたします)
  • 間取り、内装の助⾔
  • 申請に関して物件の助⾔
  • 申請書類に関して、参考資料の提⽰と資料作成の助⾔
  • 開所前に事業所を訪問して環境チェック
  • ⼈員募集(募集広告、採⽤)に関する助⾔
  • ⼈員配置の助⾔

⼈材育成⽀援
(職員向けの開所前研修)

  • 当社施設(フォレストキッズ千種教室)にて30時間の研修
    内容: 発達障害について/児童発達⽀援事業で使⽤する⾔葉について/児童発達⽀援管理責任者(指導員)の仕事に関して/アセスメントに関して/フォレストキッズの⽀援に関して/保護者対応(ペアレントトレーニング)について/感覚統合について/ABAについて/TEACCHについて/⾔葉の発達について/教材、教具について/OJT
  • 開所する事業所にて20時間の研修
    5時間×4⽇間

開所後も1to1の
継続的なサポート

加盟店の皆様、1店舗1店舗に確実に成功していただけるよう、1to1の継続的なサポートに⼒を⼊れています。
直接訪問からSNSグループを使った情報共有までご⽤意し、
お悩みの深刻度や緊急度に合わせた適切なサポートをお約束します。

サポート内容
⽉に1度の訪問指導
⽉に1度のzoomによるミーティング
必要な時にLINEによる質問対応
Facebookグループ内での情報共有

「ここまで⽀援体制が⼿厚いFCは⾒たことがありません」

「このFCモデルは面白い!」私は多くのスクール系FC本部やFC加盟者に関わり、見てきています。加盟者の不満の一つに「本部は何もしてくれない」というものがあり、ロイヤリティーに見合うサポートを受けられていないという現状からくるものだと思われます。多くのFC本部は、教材やカリキュラムといったコンテンツを提供してくれますが、属人的なビジネスでは、それだけでは足りません。「何を使うか」だけではなく「誰が伝えるか」が重要です。そこに特化したフォロー体制を持つのがフォレストキッズです。児童発達支援事業のFC本部はありますが、この点を理解しフォロー体制を持つところは多くありません。もし、あなたが児童発達支援事業にご興味をお持ちなのであれば、サポート体制が充実しているフォレストキッズのFCモデルはお勧めです

 1971年 愛知県⽣まれ。⼤学卒業後、名古屋が本社の中部地区最⼤⼿英会話教室に⼊社。経理・総務・財務担当役員と営業本部⻑を兼務。最盛期25,000名以上の⽣徒を管理するシステムを作り上げ、中部地区最⼤規模の⼦ども英会話教室にする。
 2003年、同社の⼦会社を設⽴し代表取締役に就任。東海・北陸地区に2年間で、30教室6,500名の⽣徒を集め、単⽉⿊字化を達成。
 その後、スクール専⾨の経営コンサルタントとして独⽴し、各種スクールの⽴ち上げや⽣徒募集⽅法の指導のほか、退会防⽌⽅法、講師管理、外国⼈採⽤、資⾦相談など多岐にわたる指導・アドバイスを⾏い好評を得る。1年間に430以上の各種スクールのコンサルティングをして数多くのスクールの⽣徒数を倍増、3倍増に導く。

開業初年度の
収⽀シミュレーション

<<< 横方向にスワイプしてご覧ください >>>

開所⽀援費⽤⼀覧

<<< 横方向にスワイプしてご覧ください >>>

特徴的な加盟⾦制度

加盟⾦は以下の3回に分けてお⽀払いいただきます。少ない初期費⽤でご加盟いただき、収益を出しながらお⽀払いいただけるモデルです。

  1. 契約時
  2. 事業許可が下りた時
  3. 延べ利⽤者数が100⼈になった翌⽉末

おまかせパック

「書類申請などの細々した⼿続きが苦⼿・・・」というオーナー様のために、物件の決定(消防署の許可)、⼈員配置の決定(⼈材採⽤)、申請書類提出、開所までの責任者として⾏動、宣伝広告など、オーナー様のお仕事のほぼ全てを当社が代⾏します(標準的な開所⽀援とは別料⾦をいただきます)。業界参⼊未経験の⽅など、ノウハウがなくてもスタートすることができます。

開所までの流れ

開所までは概ね3〜5ヶ⽉必要です

STEP1 お問い合わせ(メール・電話)
法定開⽰書類・パンフレットのご郵送
事業のご説明(対⾯・zoom)
STEP2 当社事業所(フォレストキッズ千種教室)のご⾒学
ご契約意思の確認
希望の開所地域のマーケティング調査実施・ご報告
本契約
STEP3 物件・⼈材の決定
⾏政への申請書類提出
スタッフ研修(オンライン・千種教室にて対⾯)
スタッフの検定受験・合格
STEP4 ⾏政からの認可
開所

開所までのおおよその時間……3ヶ⽉〜5ヶ⽉
お問い合わせから⾒学まで……1週間〜2週間
マーケティングから契約まで…1週間〜2週間

よくある質問

はい、もちろんです。加盟店様には継続的な研修をご案内・ご提供しますので、ご安心ください。研修もレベル分けしたものですので、経験者から未経験者までご対応可能です。

はい、あります。地域やエリアに合わせてマーケティングをもとに集客アドバイスを提案します。どんなプロセスで集客したらいいか、若い層の人材が集まるノウハウや集客も支援します。

当社では毎年しっかりと新卒採用にも成功しており、人材採用のノウハウも十分にあります。求人が成功しやすい募集条件のアドバイスなどもできますので、ご安心ください。

はい、大丈夫です。当社の児童発達支援事業のフランチャイズ・システムは、開所後のサポートの手厚さが特徴です。異業種参入でもノウハウを徹底的にレクチャーするので、安心して運営することができます。

代表からのメッセージ

ここまでお読みいただきありがとうございます。最後に、私たちがFC事業に取り組む思いをお話しさせてください。

「フォレスト」という名前の由来

「壁(障害、福祉、既存の概念)をぶち壊す!]

フォレスト(森)には
ライオンのような強い⽣き物も
ゾウのような⼤きい⽣き物も
ウサギのような⼩さい⽣き物も
蛇のような毒のある⽣き物も
⾍のような⼩さな⼩さな⽣き物もいます

フォレストは⽣き物を包み込み
⽣命を育てます

私たちも森のように
⼦どもたちを包み込み
⽣きていく⼒を育てたくて
『フォレスト』と名付けました

我が⼦が発達障害だった

2008年に誕⽣した我が⼦は発達障害でした。その時から、発達障害児のよりよい育て⽅を模索しながらも、発達障害児童を取り巻く社会の実情や在り⽅に納得できず、「このままでは我が⼦が社会にダメにされる」、「今の社会では、⼦どもがせっかくの個性や良い才能を持っていても伸ばすことができない」と考え、我が⼦のために保護者⽬線の放課後デイ事業を2015年に開所しました。

壁(障害、福祉、既存の概念)をぶち壊す!

⽇本では年々児童数が減少していますが、発達障害児童は増え続けています。発達障害のお⼦さんは個性や才能など「突出した才能」を持っており、それらをいかすことはこれからの社会にはとても必要なことです。今までの児童福祉に蔓延していた「してあげる」精神をぶち壊し、全ての⼦どもの可能性が花開くお⼿伝いをする真の児童福祉を実現し、現在の⽇本社会のあり⽅を⼀新したいと思っています。

こんな⼈と⼀緒にFCチェーンを作っていきたい

「⼦どもたちのために何か貢献をしたい」「でもボランティアではなくビジネスとして、真剣に福祉を仕事にしたい」。そんな⽅と共に⼀緒になって、FCグループを創りたいと願っています。業界未経験でも⼤歓迎です。運営ノウハウは余すことなくお伝えし、継続的に徹底サポートしますので、ご安⼼ください。発達障害のお⼦さま、ご家族から最も必要とされる企業グループを、⼀緒に創っていただけませんか?。

代表プロフィール

K Consulting 代表:撹上雅彦

群⾺⼤学教育学部特殊教育専攻卒業
特別⽀援学校教諭、⼩学校教諭、幼稚園教諭の免許所有

1994年 群⾺県⾼崎市にある予備校⼩野池学院の副学院⻑(経営のノウハウを学ぶ)
1999年 独⽴し学習塾を経営
2000年 有限会社てらこやを設⽴
2008年 発達障害児の⽗親となる
2015年 息⼦のために保護者⽬線の放課後等デイサービスを開所
2016年 2事業所⽬となるフォレスト放課後デイ⾼崎北を開所、2ヶ⽉で定員締め切り
3事業所⽬となるフォレスト放課後デイ⾼崎浜川を開所
2017年 4事業所⽬となるフォレスト放課後デイ⾼崎東を開所
2018年 5事業所⽬となるフォレスト放課後デイ⾼崎⾙沢を開所
名古屋市千種区池下に個性ある⼦のための個別指導塾をオープン
2019年 フォレストキッズ⽴ち上げ

お問い合わせ・個別相談のお申し込みはこちらから

個別相談について

場所・方法

オンラインミーティング(Zoom)もしくは名古屋駅周辺にて⾏います。

内容

法定開⽰書⾯のご説明+質疑応答

所要時間

1時間〜1時間半程度
個別相談の後、ご希望があればキッズの現場⾒学もしていただけます(+1時間半)

お問い合わせフォーム


FC制度に関するご質問 
個別相談のお申し込み

プライバシーポリシー

フォレストグループでは、本ウェブサイトをご利用いただくすべてのお客様の個人情報を厳重に保護するため、その取り扱いにつきまして以下の取り組みを実施しております。

個人情報の保護 お客様個人に関する情報(以下「個人情報」といいます)の取り扱いについて規定を定め、組織体制を整備し、個人情報の適切な保護に努めております。

個人情報の使用目的 ご利用いただくお客様に対し、より良い商品・サービスを提供させていただくために必要最低限な範囲で個人情報を収集させていただきます。また、収集した個人情報は、自社のマーケティング目的以外にはその情報を利用いたしません。また、法令による要求など特段の事情がない限り、お客様の承諾無く第三者に有償・無償にて提供・開示することはございません。

個人情報の安全対策 お客様の個人情報は、正確かつ最新の状態に保ち、外部からの不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、なりすまし及び漏洩等の危険に対しては、適正かつ合理的な最高レベルの対策措置を講じております。

各種法令などの遵守 当社が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、上記各項における取り組み及び保護活動を、維持、改善してまいります。

クッキーについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。このGoogleアナリティクスはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約のページGoogleポリシー規約ページをご覧ください。

ー 会社概要

会社名:合同会社K Consulting(「フォレストグループ」のFC事業を統括)
本社所在地:愛知県名古屋市千種区御棚町2-42-2 ラ・フォルトゥレス・ド・フェ覚王⼭201
電話番号:052―908―4717(フォレストキッズ千種教室)/080―3392−8844
代表:撹上雅彦

事業内容:
・児童発達⽀援事業の⽴上げ業務
・放課後等デイサービスの⽴上げ業務
・個性ある⼦のための個別指導塾⽴上げ業務
・研修業務
・検定業務

ー 本部の⼦会社の名称および事業の種類

・合同会社フォレスト 2015年2⽉設⽴
群⾺県の放課後等デイサービス5事業所運営

・合同会社Ever Green 2019年6⽉設⽴
名古屋市で児童発達⽀援事業所2事業所、個性ある⼦のための個別指導塾1教室、りんご塾1教室を運営

・合同会社Apple Care 2017年6⽉設⽴
放課後デイサービス、児童発達⽀援、個別指導塾、りんご塾の管理